固定スペース

理容室 美容室 ヘアサロン マッサージ エステ リフレクソロジー ネイルサロン 美容 専門 特化 社会保険労務士

理美容室というと昔は個人での経営が圧倒的に多かったのですが、現在は法人化し多店舗展開を行うところが多くなっています。

美容業(エステサロン、クリックマッサージ、リフレクソロジー、ネイルサロンなど)というと、大きく店舗数が増えてきたのはここ最近のことです。

そのため、労務環境の整備が追い付いておらず、様々なリスクが存在し、トラブルが発生しているのが現状です。

店舗数が多くなる事で労働者数も多くなり、コンプライアンスの観点からも雇用管理の重要性が高くなってきます。

個人事業であっても労働者個人がインターネットで容易に、労働関係法令の基礎知識を得られるようになった現在では、労働者が自分の権利について主張する機会が多くなったと言えます。

つまり、これまでのような労務管理ではトラブルとなるケースがあるという事です。

 

【美容業における労務管理上の課題】

上記のような現状においては、下記のような課題が挙げられます。

特に美容業では「優秀な従業員がいかに多く在籍しているか」によって売り上げが異なってくるため、従業員のモチベーション向上、定着・教育が何より重要となっています。

 

・求人広告を出しても応募が無い!

・就業規則が無く、あるいは長年放置していて見直しをしたいが、どのようにしたらよいかわからない

・残業代を支払っていない。基本給に残業代込みと言っているが、何時間分の残業代なのか明確でない

・社会保険への加入を検討をしているが、保険料が高いのではと悩んでいる

・労務関係専門の事務担当者がおらずあるいは、専門的知識が乏しい事で労働トラブルとなる

・手続きについて誤りや漏れが発生している、給与の支払いに誤りがある

・労働時間を管理しておらず、誰がどのくらい働いているのかわからない

・店長などの役職はあるが、管理職として機能していない

・離職率が高くなる中で、いかに社員の定着率向上を図るか

・従業員のモチベーションを上げたいが、どのようにしたらよいかわからない

・助成金がもらえるのか知りたい

 

【当事務所における課題解決のためのサービス】

@手続き及び給与計算をアウトソーシングする事で、適正に行う。又は自社で行うためのアドバイス

A労働トラブルのリスクを予防・対応するため、店舗の実情に合わせた、美容室専用就業規則作成・改定及び、アドバイスと各種コンサルティング

B従業員満足度向上、労働環境改善(育児休業制度等の確立による復帰促進等)

C美容室に利用できる助成金のご提案と申請代行

D人事制度(評価・賃金制度)を構築し、組織として機能させる(管理職と専門職の区分けによるキャリアプラン)

E社会保険の新規加入と人件費削減(残業削減)のコンサルティング

F美容業経営者向けセミナーを開催(セミナーについてはコチラ

理容室 美容室 ヘアサロン エステ ネイル アシスタント スタイリスト 採用 応募 増やす

美容業では、人材=売上 と言ってよいぐらい、人材と売上が密接に関係しています。

スタッフ個人の売上の合計が、店舗全体の売上となるからです。

つまり、個人でどれだけ売上を上げられるかが重要です。

そのため、良い人材の採用と定着が非常に重要です。

 

<売上を上げる!採用プロセス>

@どのような人材を採用したいのか、人物像の明確化

A求人票を作成する上で、自社の魅力・強みを明確化

B上記@とAを盛り込んだわかりやすい求人票の作成 

 自社採用サイトへ反映 → 必要に応じて様々な媒体へ求人票を公開

C応募の反応率、自社が求める人材とのミスマッチ等を踏まえて、求人票を修正

D応募者の選考(自社が求める人材像とのマッチング確認、入社意欲を高める誘導)

E採用後の研修、メンター制度による早期離職予防

F技術力、接客力、自社が求める行動のための研修の実施、評価と処遇

G利益貢献できる人材育成をしつつ、定着してもらうための社内改善の継続

 

Gまで到達することで、ようやく会社の利益貢献ができる人材となります。それまでに支払う人件費、教育費とそこにかかった時間分だけ、経費がかかっています。つまり、人材採用は会社の利益に貢献してもらうまでに、非常に多くのお金と時間と手間がかかっています。

採用できてお終いではありません。入社するのは始まりでしかありません。定着してもらい、利益に貢献し続けてもらえなければ、その採用は失敗です。

 

定着してもらい、利益に貢献し続けてもらって、採用成功と言えるのです。

 

採用はこれだけ大変でお金・時間・手間がかかるものなのです。

応募が無いから、やる気がありそうだから、経験者だけらといった安易な理由で採用していませんか?それではその採用は失敗する可能性が非常に高いと言えます。

 

いい加減な採用をするのは、もうやめましょう!

応募を増やすことはできます!

欲しい人材から応募してもらうことも可能です!


ご安心ください、そのためのサービスをご用意しております。詳しくは下記の採用サポートをご覧ください!

 

採用サポートはコチラ

理容室 美容室 サロン アウトソーシング マッサージ エステ リフレクソロジー ネイルサロン 美容 労災保険 雇用保険 健康保険 厚生年金

@労働社会保険手続きのアウトソーシング

労務に関する専門知識を持ったスタッフがいない事で、手続きの誤りや漏れが発生する事でトラブルへと発展するケースがあります。

適正な手続きを行うことより、従業員が安心して働ける環境とすることができます。

それが定着率や従業員満足へと繋がります。

給与計算について誤りがある(残業代に含める賃金と含めない賃金、固定残業代の誤った支払い等)事に対しては、正しく計算することや賃金規定の見直しを行うことで残業代を抑えることもできます。

 

当事務所へこれら手続きをご依頼いただくことで様々なメリットがござます。

小規模事業所向けサービスはコチラ

労働社会保険手続きについてはコチラ

理容室 美容室 ヘアサロン マッサージ エステ リフレクソロジー ネイルサロン 美容 就業規則 トラブル予防 トラブル対応 トラブル診断 

A労働トラブル予防・対応のために!「美容室の就業規則作成・改定」

長時間労働と残業代、労働時間管理、休職と復職、懲戒規定と解雇等について、店舗ごとに考え方があるようにそれに対応する内容で作成する必要があります。

就業規則を作成する、見直すだけで人件費削減や助成金がもらえる可能性があります。

会社と従業員の権利と義務を規定することで、従業員に規律を促し余計なトラブルを予防し、トラブルが起きても対応することができます。

そのためには、そのトラブルを予見し「店舗を守るためにはどのような規定にするか」を検討の上で規定する必要があります。

 

・雛形の就業規則を単純に使用している

・経営者の知り合いからもらった物を使用している

・ディーラーから提供された物を使用している

・自分で独自に作成した物を使用している

・作成したが何年も見直しをしていない

 

上記のような就業規則は、店舗の実情に合っていない(使えない)内容となっている可能性があります。

それは、労働法などの法律に関するプロが作成した物ではないからです。

就業規則はあればよい、という物ではありません。

使えない、実際の労働環境・労働時間などの管理運用と合っていない就業規則は意味がありません。

当事務所では店舗ごとの事情・考え方・取り決め等についてヒアリングし、オリジナルの就業規則を作成・改定致します。

 

就業規則についてはコチラ

小規模事業所向け就業規則はコチラ 

理容室 美容室 サロン マッサージ エステ リフレクソロジー ネイルサロン 美容 従業員満足度 社員満足度 ES 

B従業員満足度(ES)向上

顧客満足度を上げるためには、従業員満足度を上げることは1つの手段となります。

なぜなら従業員がその店舗・企業で働くことについて、満足している(充実している)のであれば、サービスの向上に繋がり、結果としてお客様の満足度を上げることになります。

向上心を持って働き、技術を学び、接客サービスが向上するからです。

 

また、経営をする上で人材が何より重要となります。

「優れた技術・知識を持った従業員がどのくらいいるか」によって売り上げが変わってくるからです。

優秀な従業員がその企業で働くことに満足していれば、簡単に退職しようとは思わなくなります。

 

従業員満足度を向上させるためには、賃金を上げればそれでよいということにはなりません。

また、企業によって従業員が会社に対し満足している部分、不満足の部分は異なります。

自社の従業員の本音・考えを見える化し、出てきた課題に対して対策をすることが重要です。

そのため、まずは現時点での従業員の満足度を調査致します。

 

従業員満足度(ES)や調査については、コチラ

理容室 美容室 ヘアサロン マッサージ エステ リフレクソロジー ネイルサロン 美容 助成金 教育訓練 パート 採用

C美容業で利用できる助成金

・人を雇った際にもらえる助成金

・パートアルバイト・契約社員が対象となる助成金

・教育訓練の助成金 

 

助成金と言っても種類がたくさんあります。

店舗の状況によりもらえる可能性のある助成金、利用できる可能性のある助成金は異なります。

助成金をもらうためには、適正な労務管理(賃金台帳、雇用契約書などの帳簿類の作成、適正な賃金支払いや労働時間管理など)も必要です。

当事務所では助成金についてだけでなく、もらえる可能性を高めるためのアドバイスや必要に応じてコンサルティングを行っております。

 

助成金について詳しくはコチラ

理容室 美容室 ヘアサロン マッサージ エステ リフレクソロジー ネイルサロン 美容 社会保険 健康保険 厚生年金 保険料節減 コスト削減 社会保険労務士 法人成り 試算 新規加入

E社会保険の新規加入・保険料適正化のコンサルティング

 

【新規加入について】

業界的に社会保険に加入している企業はすごく少ないです。

ただ加入をされたいとお考えのオーナー様はすごく多いです。

ではなぜ加入しないのか。

「保険料の負担が大きいだろうから、加入したら人件費が増加し、経営が苦しくなるのではないか」そのようにお考えの方が多いからです。

社会保険は加入すると「経営が苦しいから途中で抜けます」とはできません。

そのため、新規加入をご検討する際には、どのタイミングで加入するのか、どのくらいの売上が確保できたら加入すべきかを見定める必要があります。

保険料につきましては、後に記載します「保険料適正化」に繋がりますが、保険料を節減する方法がありますのでご相談ください。

 

【社会保険に加入するメリット】

福利厚生が充実するため、優秀な社員が確保しやすい

→加入している企業が業界内で少ないため、反対に加入した場合は大きなアピールポイントとなります

  「いかに多くの優秀なスタイリストがいるか」で売上が変わることを考えれば、加入すべきでしょう

 

【社会保険に加入するデメリット】

保険料の負担がかかってくる

→企業にしてみれば新たな負担が増えるというが一番大きいです

  保険料を抑える方法については、下記をご覧ください

 

【保険料の適正化】

社会保険料は毎月の収入に応じて定められています。

収入額×保険料料率=保険料 となるわけですが、毎年のように保険料率が上がっています。

保険料率が上がるということは、当然保険料が上がり、企業負担が毎年増えることになります。

では、保険料を支払い過ぎない、適正化する方法はないのでしょうか。

  

方法はいくつもあります → 社会保険料の最適化方法

上記ページに記載している方法以外にも、簡単に導入できるものもあれば、就業規則の変更を伴うものもありますので、ご相談ください。

 

ご希望の方には、資料「社会保険の基礎と保険料適正化ポイント」を差し上げます

 小冊子 社会保険の基礎と保険料適正化 収録コンテンツ

 ・社会保険の加入条件、非加入条件

 ・パート従業員の社会保険取り扱い

 ・健康保険と国民健康保険の違い

 ・厚生年金と国民年金の違い

 ・社会保険料の仕組み

 ・社会保険料の適正化方法

 

資料請求はコチラ

 

・新規加入時から保険料を抑える方法を導入することで、余計な負担を減らすことができます

・既に加入している場合につきましては、これから先の負担増を抑える効果があります

 

【社会保険新規加入における保険料の試算】

加入する際には事前に保険料を試算することが必要となります。

保険料を試算することで、「売上がどのくらいになったら加入を検討すべきか」が判明します。

保険料を負担を考慮し、最適な加入のタイミングを計ることが重要です。

弊事務所では、加入を検討されている企業様には試算の段階からご依頼いただくことで、保険料適正化の方法も同時にご案内しております。

それにより、一番最適な形・タイミングで加入できるようコンサルティングを行っております。

 

業務内容

・社会保険料試算(協会けんぽ、各健康保険組合のご案内など含む)

・社会保険料適正化方法のコンサルティング

・手続きについてのご案内(ご依頼いただいた場合の割引あり)

料金はコチラ

 

▲このページのトップに戻る