業務提携先募集 助成金 社会保険料節減 削減 最適化 人件費 コスト 営業ツール ドアノックツール 社会保険労務士 パートナー アライアンス

リーフレイバーコンサルティングでは、業務提携先を広く募集しております。

業務提携をすることで、様々なメリットがあると考えています。

  • 顧客への提案力(独自のサービスの提供)
  • 顧客への信頼感
  • 互いの売上が向上 
  • 顧客満足の向上 等

連携し協力することで、互いの持つ専門性を発揮し、顧客満足を第一として最善のサービスを提供する。

それにより顧客満足度を向上させることを目指したいと思います。

顧客満足度が向上することで、顧客より信頼され、長いお付き合いをさせていただけると考えております。

そのため、目先の売上が第一とお考えの方は、ご遠慮ください。

当事務所はお客様の満足・信頼を得ることが第一と考えております。

 

上記、当事務所の考えに賛同していただけるのであれば、是非一度ご連絡ください。

下記に該当される企業様・事務所様は、連携して業務を行えるものと思います。


 

弊事務所の無料診断サービス(助成金、社会保険料適正化、労務リスク診断)を、営業する際のドアノックツールとしてご利用いただけます

 

<注目! 他の社労士事務所とは決定的に違う 社会保険料節減コンサルティング>

弊事務所では「社会保険料節減コンサルティング」を行っております。

他の社労士や書籍で紹介されている方法は法律の理論やテクニック論が多く、実際に企業に導入するのは難しい方法がほとんどです。

サービスとして確立できていないので、「節減額に対してどのくらい報酬としてもらうのか」を明確に明示している社労士事務所はありません。

弊事務所の方法はこれまでの方法とは違います。合法的に節減できる独自の方法を確立させました。

業務提携していただいた企業様には、お話しできる範囲で解説致しますので、合法的に無理なく導入できる方法であることをご理解いただけます。

 

<サービス導入の効果>

従業員1人当たり年間1〜3万円、役員1人当たり年間80〜120万円の保険料節減ができます。

※実績がございます

保険料節減ができることで、財務体質が強化され、対外的な信頼が向上します。

それにより、社員が安心して働ける環境を整えることにもなります。

 

節減効果額 ÷ 営業利益率 = 営業利益の発生 と同じ効果が生まれます。

例)従業員100名 節減額300万円/年 営業利益率5% の企業の場合

300万円 ÷ 5% = 6,000万円の営業利益を出したのと同じ効果

 

<サービスの特徴>

賞与を支払っているのであれば、ほとんどの場合使える方法を導入しています。

業種、規模に関係なく効果を出すことができます。

導入方法については、年金事務所や税務署等に合法的な方法であることを確認済みです。

報酬は導入費用(約30万円)と成果報酬(30%)ですので、顧客からすると「節減できた額の中から支払うので持ち出しがなく安心」できます。

 

<業務提携先企業様にとってのメリット>

節減効果額(概算)の無料診断をまずは行いますので、無料診断を営業ツールとして活用していただくことで、経営者との繋がりを持つことができます。

そのためのツールや必要な研修を行いますので、安心して顧客へご案内できます。

まだサービスとして提供している(確立できている)社労士事務所がほとんどないため、市場は無限大です。 


 

業務提携に関する詳細については、ご提案書をご覧ください。

資料請求

「業務提携ご提案書」はコチラ

 

<募集している主な業務提携先> 

  • 士業(税理士 司法書士 行政書士 弁護士 等)
  • コスト削減会社(賃料、光熱費、通信費 等)
  • 都市銀行、地方銀行、信用金庫その他金融機関 
  • 生命保険会社(法人営業)   
  • 損害保険会社  
  • コンサルティング会社(開業支援 社員教育 経営 等)      
  • 不動産屋(店舗等のサービス業向け物件取扱い) 
  • 各種専門機器業者(飲食、理美容、医療、介護等)

 

  →ご連絡はコチラ

▲このページのトップに戻る