飲食業 人員 定着 確保 不足 モチベーションアップ 従業員満足度向上 ES フードビジネス フードサービス 飲食店

人材の確保・定着・従業員満足度の向上

人材が不足する原因は、退職する人が出るからです。

退職する人が減れば人員不足は解消されます。

退職する人が減ったら成長を促します。

モチベーションを高く持ち、その店舗で働くことに満足してもらえるよう環境・制度・組織の体制を整えます。

人が育てば活気があり、レベルの高いサービスを提供できるようになり、顧客満足へ繋がります。

 

やるべき事・対処方法

飲食業で退職する原因としては、長時間労働、待遇の不満(給与が安い、休みが少ない等)、人間関係、キャリアアップ、雇用のミスマッチ(入る前と入った後でのイメージの相違、会社と従業員の意識の相違等)等があります。

 

【人材の確保・採用】

そこでまずは、店舗コンセプトに基づく人材の採用をします。

採用の段階である程度は人物を見極めて採用しないと、採用した後に「こんはずじゃなかった」ということになります。

人手不足だからと焦ってよく見極めずに採用してしまうと、結局すぐに退職されてしまいます。

すぐに退職することが頻繁に起こると、既存のスタッフにも悪影響を及ぼします。

一般企業の人事として採用担当をしていた経験に基づき社員・アルバイトの採用のポイント、募集広告の書き方・告知のポイント等についてもアドバイス致します。

 

【定着・従業員満足度向上】 

定着させるには、その店舗で働くことについて従業員がどのくらい満足しているかによります。

単純に給与を上げれば満足度が上がるということでもありません。

何かの対策をするにも現状を把握しないことには、対策のしようがありません。

そのため、従業員満足度調査を実施します。

従業員が何を重視し、何に不満を持っていて、何に満足しているのかを知ることで、今後どのように環境・制度・組織を変更したらよいのかが見えてきます。

現状を把握したら改善するだけです。

調査の結果に基づき、人事制度構築、労働時間の見直し、キャリアプランの立案(どのように成長していくのか)等を導入していきます。

 

残業時間削減はコチラ

従業員満足度調査はコチラ

店舗コンセプトの立案、見直しについては、コチラの業務提携先をご紹介致します

 

▲このページのトップに戻る