飲食業 社会保険料削減 社会保険料適正化 人件費削減 コスト削減 長時間労働 残業代削減 残業削減 フードビジネス フードサービス 飲食店

人件費削減

ここで言う人件費削減は残業(労働時間と残業代の削減)と社会保険料の削減です。

法律を知り店舗の状況を把握することで、合法的に削減する方法はいくつもあります。

 

残業削減

一気に残業(労働時間)を削減することはできません。

例えば下記のような方法を導入することで、少しずつでも労働時間と残業代を削減します。

※店舗の状況や社長の方針により異なる

 

・パートアルバイトを戦力化し社員の負担を減らすことで、社員の労働時間を削減

・売上や客単価等のデータを基とした適正なシフト調整(変形労働時間制の導入)

・アイドルタイムの利用

・業務のマニュアル化による合理化を図り、時間を短縮しサービスの均一化

・給与の支払い方を変えることで、残業単価を下げる

・歩合給導入によるコスト意識の浸透・徹底と、頑張って結果を出した従業員への還元・モチベーションアップ

 

 

社会保険について

健康保険と厚生年金を合わせて、社会保険と言います。

個人事業であれば任意加入ですが、法人であれば強制加入となります。

新規加入、すでに加入の両方ともネックとなるのが保険料負担です。

社会保険料は会社と従業員の折半負担となり、保険料率が年々上がっていることから、保険料負担も上がっているのが現状です。

つまり企業にとっては人件費が上がる1つの要因となっているのです。

 

【新規加入について】

社会保険への新規加入の際に問題となるのが、「保険料の負担が大きいだろうから、加入したら人件費が増加し、経営が苦しくなるのではないかという心配です

社会保険は加入すると「経営が苦しいから途中で抜けます」とはできません。

そのため、新規加入をご検討する際には、どのタイミングで加入するのか、どのくらいの売上が確保できたら加入すべきかを見定める必要があります。

保険料につきましては、後に記載します「保険料適正化」に繋がりますが、保険料を抑える方法がありますのでご相談ください。

 

【社会保険に加入するメリット】

福利厚生が充実するため、優秀な社員が確保しやすい

 

【社会保険に加入するデメリット】

保険料の負担がかかってくる

→企業にしてみれば新たな負担が増えるというが一番大きいです

  保険料を抑える方法については、下記をご覧ください

 

【保険料の適正化】

社会保険料は毎月の収入に応じて定められています。

収入額×保険料料率=保険料 となるわけですが、毎年のように保険料率が上がっています。

保険料率が上がるということは、当然保険料が上がり、企業負担が毎年増えることになります。

では、保険料を抑える方法(できることなら保険料を下げる方法)はないのでしょうか。

  

方法はいくつもあります → 社会保険料を抑える(下げる)方法

上記ページに記載している方法以外にも、簡単に導入できるものもあれば、就業規則の変更を伴うものもありますので、ご相談ください。

 

ご希望の方には、資料「社会保険の基礎と保険料適正化ポイント」を差し上げます

 社会保険の基礎と保険料適正化 収録コンテンツ

 ・社会保険の加入条件、非加入条件

 ・パート従業員の社会保険取り扱い

 ・健康保険と国民健康保険の違い

 ・厚生年金と国民年金の違い

 ・社会保険料の仕組み

 ・社会保険料の適正化方法

 

資料請求はコチラ

 

・新規加入時から保険料を抑える方法を導入することで、余計な負担を減らすことができます

・既に加入している場合につきましては、これから先の負担増を抑える効果があります

 

【社会保険新規加入における保険料の試算】

加入する際には事前に保険料を試算することが必要となります。

保険料を試算することで、「売上がどのくらいになったら加入を検討すべきか」が判明します。

保険料を負担を考慮し、最適な加入のタイミングを計ることが重要です。

弊事務所では、加入を検討されている企業様には試算の段階からご依頼いただくことで、保険料適正化の方法も同時にご案内しております。

それにより、一番最適な形・タイミングで加入できるようコンサルティングを行っております。

 

業務内容

・社会保険料試算

・社会保険料適正化方法のコンサルティング

・手続きについてのご案内(ご依頼いただいた場合の割引あり)

料金はコチラ

▲このページのトップに戻る